お口の中のお悩みご相談下さい

診療内容

一般診療から高度インプラントまで対応

診療内容

あおぞら歯科では、患者さんのご意見や患部の状態などを考慮し、次のような科目にて診療を行っております。

1. 総合的な治療をめざしています

虫歯による痛みや歯ぐきが腫れている、入れ歯が当たって痛いなど何らかのトラブルで来られた場合、まず応急処置を施し問題を解決します。しかしこれはその場だけの対処方法でしかありません。

お口の中のトラブルには必ず何らかの原因があります。 その原因を追究し、適切に対処しない限り、再発するだけでなく、次の新たな問題が起きる可能性があります。
しかも、放置することによって問題が大きくなってしまうこともよく見られます。

目の前に見える一本だけの歯の治療よりも総合的な治療を行うことは、患者さんがより長く健康でいられるためにもメリットがあります。さらに再治療が少なく、より自分の歯が長持ちすることで一生涯にかかる治療費や治療に費やす時間も少なくなります

 

2. 総合的な治療の前に、精密な検査をします

虫歯の治療、入れ歯の修理・調整など応急処置が終わったあと、精密な検査(歯周組織検査、レントゲン、口腔内写真、模型診断)や患者さんへのヒアリングを行い、トラブルが起こった根本的な原因や、他に問題がないか一つひとつ丁寧にデータを検証します。
これらの検査をもとに一人ひとりにあった治療計画を立てます。精密な検査をせずに治療するのは、航海図を持たないで船旅に出るようなものです。

きちんとゴールを設定して、どの航路をたどればきちんと目的地に着くかが分かれば安心ですよね!

 

3. 一人ひとりにあった治療方法、治療計画を考えます

患者さん一人ひとりの状況により、治療方法や治療にかかる時間は当然異なります。
精密な検査により得られた結果をふまえ、患者さんの意向を十分に考慮しながら、一人ひとりにあった治療計画を考えます。

この計画を立てるにあたり、私たちは診療の合間やミーティング、診療後に歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、受付を含めて患者さんの情報を共有し、どのように治療をすすめていくべきかディスカッションしています。

これはクオリティの高いチーム医療を実践するにはとても大切なことです。歯科医療は歯科医師のみが行うのではなく、各々専門性のあるパートに分かれます。
そして治療の方向性を共有していることは成功のキーポイントになります。

 

4. 治療計画をきちんと説明します

治療を始めるにあたり、最も重要なことは治療計画や治療方法を患者さんに分かりやすく説明し、理解して頂くことだと考えています。もし一方通行で治療が進んでしまうと、きっと多くの患者さんは不安に感じることでしょう。

そして私たちも、患者さんのご希望をきちんと把握しないまま進めてしまうと、治療そのものが上手くいきません。
結果として双方に不利益が生じます。そのためお互いのコミュニケーションを円滑するために、カウンセリングの時間を設けています
「早く治療を始めてほしいな」と感じることもあるかもしれませんが、皆さまにご理解して頂いております。

そして、最終的にはそこに患者さんの意向もお伺いしながら、治療計画を再度検討します。
問題を解決するには患者さんと目標を共有し、一緒に協力しながら治療を進めて行くことが重要です!
治療は長期に渡ることもありますが、患者さんのためにスタッフ全員が最善を尽くすことをお約束します!

 

5、定期的なメインテナンスが最も重要です!

治療後の状態をできるだけ長く維持していくためには、定期的なメインテナンス(3ヶ月毎)がとても重要です。