安全・安心できる治療を

インプラント

認定医による精密・高度な治療

インプラント

インプラントとは

インプラントとは歯を失った所にかぶせ物を入れるためのチタン製の土台のことです。

歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。 埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。

インプラント治療は自由診療(保険外)となります。

インプラントがベストなの?

必ずしもそうではなく、その状況に応じて他の選択肢と比較して、個々の患者さんに最良なものを選びます。

当院では、アストラテックインプラント、3Iインプラント、GCインプラントの3つを採用しております。臨床データがあり信頼性があります。
また、あおぞら歯科ではインプラント周囲炎を予防するために事前に歯周病の検査、治療は徹底的に行っております。

インプラント認定医が在籍

院長は日本臨床歯周病学会歯周インプラント認定医を取得しております。
安全に手術を行う為に、術前にCTを撮影します。そこで神経や血管など手術にリスクになる部位を把握します。
また最終的なかぶせ物をイメージした診断用ステントを作製し、よりお口の中に調和したかぶせ物にします。より自然で自分の歯と変わらないようなインプラント治療を実践しています。

インプラントはかぶせ物が入って終わりではありません。その後のメインテナンスが重要です。当院では、3カ月毎のメインテナンスを推奨しています。

 

インプラントと他の歯科治療との比較

治療法

インプラント

inpulant10

メリット

入れ歯やブリッジ比べ周囲の自分の歯への負担を軽減できる。

周りの歯を削らなくてよい。

デメリット

外科的な手術が必要

全身疾患がある場合には治療ができない場合がある。

 

入れ歯

artificial10

メリット

健全な歯をほとんど削らなくてすむ。

デメリット

入れ歯に違和感を感じることがある。

バネのかかる歯に負担がかかる。

かんだ時に入れ歯が沈むためかむ力が通常よりおちる。

見た目が良くない場合がある。

発音に問題がでる場合がある。

 

ブリッジ

blidg

メリット

費用をかければ見た目の仕上がりがよい。

固定式のため、装着しても違和感があまりない。

デメリット

ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。

ブリッジの間の清掃が難しいため虫歯や歯肉の炎症がおこることがある。

 

インプラント治療方法

前歯1本失った場合

奥歯を失った場合

 

インプラントQ&A

Q. インプラント治療に年齢制限はありますか?

A. 個人差はありますが、骨の成長がほぼ終了し、医学的・解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

Q. インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

A. 口の中だけの局所麻酔をするので、手術中の痛みはありません。 ただし、麻酔が切れてからは手術後に痛みや腫れが出る場合があります。

Q. 手術後のお口の手入れはしなくて良いのですか?

A. インプラントの寿命はお口のお手入れの状態で決まります。 歯ブラシだけでなく、補助的な清掃用具(歯間ブラシなど)必要とすることもあります。担当医や衛生士からお口のお手入れ方法の指導を受け、日頃の清掃に心がけて下さい。必ず定期検診を受け、担当医からチェックと指導をしてもらうことが大切です。

Q. 治療費はどのくらいかかりますか?

A. インプラント治療は自費診察なので保健は適用されません。 インプラントの本数や人工歯の種類、あなたのお口の状態によって異なります。 詳しくは、担当医とよく相談して下さい。

Q. 治療期間はどのくらいかかりますか?

A. 2回法の場合、顎の骨に埋め込んだインプラントが骨と結合するのに、個人差はありますが上顎で約6ヶ月、下顎で約4ヶ月程かかります。骨とインプラントが結合した後、頭出しの手術を行ない治癒を待つのに約4週間。その後、上に歯を入れるための期間が約2週間かかります。詳しくはお問い合わせください。

 

インプラントの治療例


 

治療費(全て税抜き)

治療項目

金額

インプラント埋入(1本)
※診断、外科処置、補綴処置込みです

350,000円

GBR(骨造成)

150,000〜250,000円

ソケットリフト

150,000〜250,000円

サイナスリフト

250,000円

歯肉移植

70,000〜150,000円

静脈内鎮静法

50,000円

治療に伴うリスク

インプラント周囲炎の可能性があるため定期的メンテナンスが必要です。